知らぬ間に進む肝臓の破壊 超強力な醗酵ウコンで食い止める


暴飲暴食からの悪化に要注意
知らぬ間に進む肝臓の破壊 超強力な醗酵ウコンで食い止める
現在、人間ドックで3人に1人が肝臓に異常が見つかっています。脂肪肝から肝硬変、肝臓癌などへと進行する前にしっかりとした対策が必要です。


自覚がないまま進行する「肝臓」の破壊の恐怖
「肝臓」は代謝や解毒、排泄など生きてく上で欠かせない働きを500以上も担う大切な臓器。肝機能障害とはこの肝臓が破壊されてしまう恐ろしい病気で、なかでも近年急増しているのが、肝臓に中性脂肪が貯まる肝脂肪。放置すると肝炎→肝硬変へと重症化し、最終的には肝臓癌にまで至ります。肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、症状が進行しても自覚症状が少なく、気付いたら手遅れの状態になっていたという例が少なくありません。健康診断で肝臓に異常があるとわかったら、放置せずに対策をすることが大切です。

肝臓が破壊される「原因」とは
肝臓を破壊する原因と言われるのが、飲酒や偏った食生活による肝臓の「処理能力の低下」です。通常、お酒のアルコールは肝臓で分解され体外への排出されます。また、お肉に含まれる脂質も同じく肝臓に運ばれ、こちらはエネルギーに変換されて利用されます。しかし、過度な飲酒や脂っこい食事が続くと、この肝臓の処理能力が低下。アルコールがうまく分解できずに肝臓が傷つくとともに、中性脂肪もそのまま蓄積。脂肪肝から肝炎、肝硬変と悪化してしまうのです。

特別な「醗酵ウコン」で肝臓を破壊から守る
近年、こうした肝臓の破壊を食い止めるとして注目を集めているのが、長寿県・沖縄で琉球王朝の時代から伝わる「秋ウコン」を特別に発酵させた「醗酵ウコン」です。醗酵ウコンには、肝臓の処理能力を高める働きがあり、肝機能改善・回復する効能が認められています。実際に国立の琉球大学が行った試験においても、肝臓の破壊を示す「γ・GTP」「GOT」「GPT」の全てが低下し、肝機能が改善したことが確認されています。

沖縄が生んだ強力な健康パワー 肝機能改善成分「醗酵ウコン」
泡盛をはじめ、人々がお酒を楽しむ機会の多い沖縄では、健康に大切なミネラル類を多く含むウコンは古くから民間薬として親しまれてきました。醗酵ウコンは数あるウコンの中でも特に優れた沖縄産の秋ウコンを乳酸菌とともに発酵して生まれた強力な肝機能改善成分。ミネラル類がさらにパワーアップをするとともに、体内への吸収率も高まり、肝臓の破壊をしっかりとを防いでくれます。

沖縄・秋ウコン 商品一覧