たった4週間で関節痛とこわばりが改善 新成分「NAG(N-アセチルグルコサミン)」が登場

関節の痛みがなかなか取れない人に朗報
たった4週間で痛みとこわばりが改善 新成分「NAG(N-アセチルグルコサミン)」が登場

多くの人が悩んでいる膝の痛み。その対策にグルコサミンを摂っている人も多いようですが、「実感できない」という声が多いのもまた事実。その理由と、関節痛に効くと評判の新成分をご紹介します。

悩ましい痛みの原因は関節軟骨のすり減り
階段の昇り降りや立ち上がろうとしたときに起こる煩わしい膝の痛み。その原因は骨と骨の間にある関節軟骨のすり減りです。関節軟骨は膝の骨と骨が接する部分でクッションの役割を果たし、骨同士が直接ぶつかるのを防いでいます。ところが、この大切質な関節軟骨は年齢とともに磨り減っていきます。すると動くたびに骨同士が衝突し激しい痛みが起こるのです。関節痛が進むと、痛みを避けるために運動量が減って筋肉が衰え、怪我や骨折、寝たきりなどの繋がる恐れも・・・。痛みを感じたら、早めに対策しましょう。

グルコサミンて効かないの?
関節痛対策の代表格といえば、テレビCMなどで有名な「グルコサミン」ですが、「実感できない」との声も多く聞かれます。それには決定的な理由があります。実は、体内に摂り入れたグルコサミンのうち、実際に軟骨の再生に利用されるのはごく一部。多くが吸収されずに体内で排出されています。グルコサミンが「効かない」のではなく「効きにくい」という難点があるのです。
しかし近年の研究により、体内への吸収に優れた「効く」グルコサミンが開発されました。それが新成分「NAG(N-アセチルグルコサミン)」。臨床試験で、グルコサミンに比べて3倍以上も体内で利用され、軟骨の再生に働くことが証明されています。

軟骨を効率よく再生させる関節痛に効く新成分「NAG」
「NAG」が効く理由。それは成分の「かたち」にあります。これまで使われてきたグルコサミンは、正式には「グルコサミン塩酸塩」という成分で、体内に存在する成分と形が違うため「体内で使われるグルコサミン」へと変換しなければならず、なかなか吸収されませんでした。
一方、新成分のNAGはなんと体内で使われるグルコサミンと全く同じ形をしています。そのため軟骨との相性がよく、体内にスムーズに吸収されて無駄なく軟骨の再生に利用されているので、関節の痛みを効率的に解消することができるんです。

NAG(N-アセチルグルコサミン) 商品一覧