お酒は肝臓にとって「百楽」じゃなく「毒薬」、知らぬ間に進む肝臓の破壊を青パパイヤ発酵エキス「PAC(パック)」で食い止める!!

お酒は肝臓にとって「百楽」じゃなく「毒薬」、
知らぬ間に進む肝臓の破壊を青パパイヤ発酵エキス「PAC(パック)」で食い止める。

現在、3人に1人が健康診断で肝臓に異常が見つかっています。特にお酒が大好きな人は肝臓にどんどんダメージが蓄積してしまうため要注意。肝機能の改善に役立つ青パパイヤ発酵エキスを紹介します。

自覚がないまま進行する生命のカナメ「肝臓」の破壊
肝臓は代謝や解毒、排泄など、生きていく上で欠かせない働きを500以上も担う大切な臓器です。肝機能障害とは、この肝臓が破壊されてしまう病気です。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、障害が発生しても自覚症状が少なく、気づいたら命の危険が迫っていた例も少なくありません。中でも近年急増しているのは肝臓に中性脂肪がたまる「脂肪肝」。脂肪肝を放置すると「肝炎」→「肝硬変」と重症化し、最終的には「肝臓癌」にまで至ります。中性脂肪はアルコールを分解する際に発生するため、過度な飲酒は厳禁です。

お酒が大好きな人は要注意、肝臓を破壊する3つの要因
大量の飲酒を続けていると、次の3つの要因によって肝臓が順に破壊されてしまいます。

原因①肝臓に中性脂肪が蓄積(脂肪肝)
アルコールを分解する際に発生した中性脂肪が肝臓に蓄積。脂肪肝になり、肝臓の機能も低下します。

原因②活性酸素で肝臓が炎症(肝炎)
肝臓の機能が低下すると細胞を傷つける悪玉物質「活性酸素」が大量発生。肝細胞は傷つき、肝臓の炎症や破壊が進みます。

原因③肝臓が線維化(肝硬変)
活性酸素によって肝細胞が傷つくと、修復のために肝臓内にコラーゲン繊維が増加。肝臓が繊維化して硬くなります(肝硬変)。

つまり肝臓の健康を保つためには「肝臓の中性脂肪を減らす」「活性酸素を取り除く」「肝臓の繊維化を防ぐ」ことの3つが大切なのです。

肝臓を3つの破壊から守る有効成分「PAC」がすごい
肝機能の回復・改善に効果的と注目されているのは長寿県・沖縄で昔から健康素材として注目されてきた青パパイヤを発酵・熟成させた特別な有効成分「PAC(パック)」です。青パパイヤには活性酸素を除去するSODやミネラルなどの健康成分が豊富に含まれており、それらを発酵・熟成させて生まれるPACは次の効能あります。

効能①肝臓の中性脂肪を減らし、 脂肪肝を改善します。
効能②肝細胞を傷つける活性酸素を除去します。
効能③肝臓の線維化を抑制します。

これらの効能は北里研究所病院や慶應義塾大学などの研究・実験によって確認されており、PACは脂肪肝の改善や肝硬変の予防まで幅広い効果が期待できます。

青パパイヤ(PAC)商品一覧