糖尿病、合併症に立ち向かう! HbA1c・空腹時血糖値を低下させる「アカシアポリフェノール」の脅威の改善力

糖尿病、合併症に立ち向かう! HbA1c・空腹時血糖値を低下させる「アカシアポリフェノール」の脅威の改善力
糖尿病は悪化すると失明や手足の切断、週に3日の人工透析などが必要になる恐ろしい病気。血糖値が高めの方にアカシアの樹脂に含まれる天然の有効成分「アカシアポリフェノール」を紹介します。

高血糖の放置は危険 恐ろしい合併症を招く
厚生労働省の調査によると、近年、糖尿病患者が急増。予備軍も含めると、日本では約2050万人、6人に1人が該当すると推計されています。
糖尿病の恐ろしいところは、様々な合併症を引き起こすこと。日本では毎年、腎症が原因で人工透析を始める人が1万5千人以上、神経障害によって足を切断する人は1万人以上、網膜症で失明する人は3000人以上にも達しています。
さらに高血糖が続くと動脈硬化が進んでしまい、脳卒中や心筋梗塞が起こりやすくなるため、早めに血糖を減らすことが必要です。

糖尿病を進行させる2つの大きな原因
糖尿病は、血液中に糖が溢れて血糖値が高くなる病気。血糖が増える主な原因は次の2つです。

①糖吸収による血糖値の上昇
食事で摂った糖は、糖質分解酵素によって小さく分解されます。小さくなった糖は小腸で吸収され、血液中に取り込まれるため、血糖値が上がります。

②インスリン機能の低下
内臓脂肪の蓄積によって、血糖値を下げるホルモン「インスリン」の分泌量が減ったり、効き目が悪くなります。すると、たくさんの糖が血液中に留まってしまい、血糖値が上昇します。

糖尿病を予防・改善する「アカシアポリフェノール」
現在、糖尿病対策に有効と注目されている成分がアカシアの樹脂から取れる「アカシアポリフェノール」です。次の作用があり、糖尿病を改善へと導きます。

①糖の吸収を抑える
糖質分解酵素の働きを抑えて糖を小さく分解させずに排出。余分な糖の吸収を防ぎます。

②インスリン機能を高める
インスリンの働きを悪くする内臓脂肪減らし、インスリンの分泌と効き目を回復させます。

HbA1c・血糖値が低下する
これらの作用は、星薬科大学の杉山清教授や長崎大学などの研究で明らかになっています。

アカシアポリフェノールの抗酸化で合併症・様々な生活習慣病も防ぐ
近年、多くの病気や老化を招く原因物質と判明した活性酸素。合併症を引き起こす要因でもあります。アカシアポリフェノールは、活性酸素を取り除く抗酸化力が抜群。合併症の予防を始め、様々な健康作用をもたらしてくれます。

アカシアポリフェノール商品一覧